マンション・不動産を納得して売却するには

マンション・不動産を納得して売却する為の情報ブログ

不動産仲介会社の査定価格と実際の売却価格

不動産仲介会社の査定価格は正確か??

f:id:master-of-piano:20160903192526j:plain

あなたが家を売却しようと考えているのであれば、最も重要になるのは、適切な不動産仲介業者を逃ぶことです。では、どのような仲介業者を選ぶのがよいのでしょうか。それを解説する前に、現状、多くの方がやっている選び方について説明しましょう。

 

まず、家を売りたい人は不動産売却の、一括査定サイトなどで、多枚の業者に査定(見積もり)を依頼します。一つ業者だけに査定を依頼すると、その価格が適切かどうかを知ることができないため、複数の業者に査定を依頼するのは正しい選択なのです。

ではここで、不動産業者の査定のケースを見てみましよう。

 

例えば、ここでA、B、Cの3つの業者が実際にあなたの家を訪問して査定を行ったとします。Aは不動産売却に強いといわれる専門業者、Bは地元で古くから営業している不動産業者、Cは誰もが名前を知っている不動産業者です。
 
最初にやってきたA社は、あなたの家に「3000万円」の価格をつけました。「ウチは数多くの物件を見ているので間違いはありません。3000万円なら確実に売れます」と自信満々で太鼓刊を押していきました。

次に来訪したB社は、他の業者の存在を妙に気にして聞いてきました。
A社が3000万円と査定したことを下すと、次のように返してきました。「当社はこの地域で長年やっているのでもっと正確な査定ができます。この家なら3200万円で売れますよ」。200万円もの査定額アップに、あなたは大きく気を引かれます。

最後に来だのはC社です。笑顔で世間話をしながら、たくみにライバル会社の動向を聞き出します。そしてA社が3000万円、B社が3200万円の査定をしたことを知ると、次のように話ました。

 

「そうですね。確かに3200万円くらいが適切な査定額かもしれません。しかし弊社は知名度とネットワークを生かして、より多くのお客様にアプローチできます。弊社であれば3250万円で売り出せます」

 

さて、あなたは誰を選びますか?

恐らく、ほとんどの人が最も高い価格で売ると言ってくれたC社に依頼したいと思うのではないでしょうか。

 

ところが、それは大きな間違いです。不動産仲介会社の査定価格は単なる見積もりであって、実際の売却価格とはあまり関係がありません。仲介会社がどんな価格をつけようが、何の保証もされていないのです。しかし、ほとんどの人は、高い査定価格が出ると、あたかもその価格で売れるかのような錯覚をしてしまいます。

 

実は、不動産仲介会社が高めの査定をするのは、その心理を利用して、契約を取たいからにほかなりません。ひとたび専任契約を結べば、契約期間は、その物件の売買を仲介する権利が与えられますから、あとは買い手さえ見つければ確実に報剛(仲介分数抖)を稼ぐことができるからです。

 

そこで、実際にいくらで売れるかにかかわらず、少しでも他社よりも高い査定価格を提示して、あなたの気を引こうとするのです。

では、実際にC礼と専任媒介契約を柚んだ賜合、どのようになるかを
見てみましょう。確かに売り出し価格は3250万円になりましたし、間い合わせも多少はあるのですが、なかなか売買契約にまでは至りません。

 

売り出しから1ヵ月後、C社の担当者が来て次のように言います。

「反響がかんばしくないので、ちょっと価格を下げてみましょう」

確かに現時点では、大反響とはいいがたいので、あなたは渋々値下げに応じます。
こうして価格は、C社の助言に従って3180万円になりました。

価格が下がったことで、ちらほらと実際に家を見に来る方も出てきました。しかし、この家が欲しいという方はまだ現れません。皆さん、やはり家を買うことに対してはなかなか慎重で、他にもっといい物件があるのではないかと思うと、すぐに購人には踏み切れないようです。

 

よほど気に入った物件でなければ、購人申込書を出してはくれません。

値下げから2ヵ月後、つまり売り出しから3ヵ月たって、。再びC社の担当者が来ていいました。

 

「このままではらちがあきません。思いきって3000万円で売りましょう!」

 

あなたは嫌な顔をしますが、3ヵ月もの間、毎週のように人が来ては家を値踏みしていく生活に疲れてもいました。これ以上は絶対に値下げしないぞと思いつつ、3000万円の価格にOKを出します。

それから1ヵ月後、ようやく買い手が現れて、無事に売却をすることができました。成約価格はちょうど3000万円。

 

一切の価格父渉に応じませんでしたが、それでも買い手にとっては割安だと感じられたようです。

 

この例から分かることは、どんなに査定価格が高くても、実際の売却価格は高くならないということが多いのです。振り返ってみれば、A社の査定
価格がかなり正確だったことが分かりますし、B社とC社も恐らく3000万円がいいところだと踏んでいたようにも思われます。つまり、B社とC社は、高めの査定価格を出しましたが、最初からその価格では売れないことも承知していて、頃合いを見て値下げすることを前提にしていたのかもしれません。

 

どのような不動産仲介会社を選べばよいかの判断は人それぞれかもしれませんが、少なくとも査定価格の高さだけで選ぶのは間違いのような気がします。